【NEW BRAND】tac:tac / introduction

【NEW BRAND】tac:tac / introduction

By Acacia ONLINESTORE

本日は、18年秋冬から新たにお取り扱いをさせていただく
「tac:tac(タクタク)」をご紹介させていただきます。


= tac:tac =

デザイナー:島瀬敬章

Profile
2008年 エスモード大阪校入学。
2009年 神戸ファッションコンテストでグランプリを受賞。
2010年 エスモードパリ校へ留学。
2011年 パリ校在学中、南仏ディナールで開かれるファッションコンテストにてファイナリスト選出。パリ校を主席で卒業後帰国。
2013年 「タクタク(tac:tac)」を設立し、2014年春夏コレクションから活動を開始。
2014年 ISSEY MIYAKEの傘下であるTSUMORI CHISATO・ZUCCaなどを展開するA-netに入り、2014-15年秋冬コレクションからデビュー。
2017年 毎日ファッション大賞 新人賞ファイナリスト。

それでは早速LOOKを交えながらご覧ください!

tac:tacはシーズンテーマを大きく掲げることはありません。
その理由についてデザイナーは、
ー「あえて言えば、今の気分を吐き出すこと。自分を含めて今の人が感じていることを、エゴではなく時代の空気感を含めて臨機応変に対応していきたい。
服を着ることは受け手側の自由で、テーマを作っていろんな情報を絡め取られるのも嫌だなと、自分がまず感じてしまいます。」ー

ブランドコンセプトも
「“ひょっとした”発見をする楽しみや喜び。 1人1人の特別な気分。 その中にある新しい共感性、共有性や刺激。
「I'm here.」私はここにいる。
「you are here.」あなたはここにいる。
「we are here.」みんなここにいる。
 そんな「場」としてのブランドを少しずつ作り上げていきたい。 自分たちは表現する主体ではなく、単なる媒体でありたい。 」

受け手側の主体性を重んじながら、服と僕たちを繋いでくれるプラットフォームのような存在なのかもしれません。

そもそも「tac:tac」というブランド名にした理由については?

パリでの学校生活を終えたあと1年間、デザイナーは誰にも強要もされず、目的も無くアパートでパターンを引いて、自分で縫ってという制作を一年間続けました。
その生活の中で、思想的な部分でも成長したいと本を読むことにも力を入れます。

ー「本を読んで、気になる言葉に出会うとそれをノートに書いて、そのときに自分が考えていることを本の中に見つけると、その言葉もピックアップして……というのを何度も何度も繰り返していくと、最終的に「時間」という言葉に大きな丸が付けられていたんです。」ー

そうしてイメージが形成されていき、ブランドの立ち上げとなったわけです。
ブランド名の<タクタク>は、
「時間=時計」のtictac(チクタク)から。
デザイナーの名前「takaaki」から。
同じ言葉を2回重ねる連続性。記号性。
覚えやすい擬音からなど、由来はいくつかあるようです。

ブランドのタグには、「○」が入っています。
元々ブランドという言葉は、自分が所有する牛などの家畜を他者のものと区別するのためにつけられるもの。

ー「ひと目見て分かるブランド=タグに、お客さまの刻印=時間を入れ込むことができれば一人ひとり違うタグになります。
買った人との“共有の場”としてタグに時間を刻み込んで、着た時間が蓄積していくことを願って、時間をスタンプで刻印することを考えました。
」ー

物と物が人を介して動くときに思い入れも生まれ、ともに年齢を重ねていく服になっていく。そうした思いも込められているのではないでしょうか?

お取り扱いをさせていただくにあたって、展示会に足を運んだ時のこと。
足を踏み入れた瞬間の空気感というのを、バイイングの際は僕自身とても大切にしています。

デザイナー自身はあまり口数が多い方ではないのですが(初対面だったというのもありますが)、逆にそれがものづくりへの自信を感じさせてくれました。
若手デザイナーという括りでは収まりきらない知恵や工夫、何より可能性を感じ、これから先を見届けたいという思いを込めて今シーズンよりお取り扱いさせていただきました。

カッティングはモードのバランスでありながら、どこか和の空気感も漂わせます。
yohji yamamotoJAN JAN VAN ESSCHEとも違和感無く合わせることができる一方、ISSEY MIYAKEのようなプリーツを取り入れた独自の解釈もバランスよく提案しています。
今回はセットアップとしても着用できるアイテムをラインナップしていますが、これもtac:tacの特徴の一つ。

当店はセレクトショップです。
いろんなブランドの服をミックスさせ、その服がもつ可能性や魅力を最大限に引き出したい/見出したいという考えのもとバイイングをしています。
その選択肢の一つとして、tac:tacがお客様のワードローブとなって頂けるよう、僕たちもいつもと違った視点からご提案させて頂ければと思っています。

店頭ではご確認頂けますが、EC上へは近日公開予定となっております。
是非ご期待ください***


●Acacia NONOICHI
〒921-8813 石川県野々市市住吉町11-19
TEL:076-287-5167
HP:http://www.acacia-style.com/
メール: info@acacia-style.com
営業時間:午前12時~午後9時
定休日:水曜

●Acacia TOYAMA
〒930-0044 富山市中央通り1丁目6番28号
TEL:076-421-5167
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:水曜

=========================================

●Acacia instaglam+twitter “Acacia_clothing”
新着商品など素早い情報をキャッチ
[instaglam]https://www.instagram.com/acacia_clothing/
[Twitter]https://twitter.com/acacia_clothing?lang=ja

=========================================

Styling Blog

スタイリングをご紹介いたします。全国的に冷え込んでいるので、アウターだけではなくパンツはウール物をチョイスしたり重ね着をしたりと、暖かさにも配慮。オシャレは我慢なんて言葉もありますが、絶対暖かい方がい...

飴谷 徳人 ブログ

Styling blog

最近の働き方改革の影響か人手不足が原因か、近所のカフェの閉店時間が1時間早くなってしまいました。週に一度、仕事終わりに雑誌などを読むため行っていたのですが…1時間だけとはいうものの、僕には結構大事な1...

飴谷 徳人 ブログ

【PICK UP ITEM】 Warmth Textile

飲食店ではクリスマスコースの予約が着々と埋まっているそうです。イタリアンやフレンチだけではなく、和食店でもそういったコースが設けられているので、メニューを見ては「そんなのもありか…!」と驚かされます。...

飴谷 徳人 ブログ

【PICK UP ITEM】 EYE CATCH COLOR*

去年使用していた冬物アイテムをいそいそと出してきた頃ではないでしょうか?もう何年もお世話になっているニットやアウターを引っ張り出してくると、冬目前といった感じ。今シーズン買ったものと合わせて久々に袖を...

飴谷 徳人 ブログ

Styling Blog

秋に買い込んだ本も読み終わったので、そろそろ新作でも探しにと書店へ。あまり本を読まない方に「いつもどうやって読む本決めるんですか?」と聞かれますが、大体直感です。笑書店員さんのPOPは必ずチェックしま...

飴谷 徳人 ブログ

【Iroquois】イメージが広がるアウター

一つのことに集中すると周りが見えなくなってしまう、ということがあります。男性脳/女性脳など人間の本能的な部分は置いといて、これに関しては良いこと悪いことどちらもありますよね…今回ご紹介するIroquo...

飴谷 徳人 ブログ