【Edwina Horl】ディティールの選択肢

【Edwina Horl】ディティールの選択肢

By 飴谷 徳人

さてさて、今週は気温も下がってきて「そろそろ夏気分を入れ替えますか」となった方、多いのではないでしょうか?
クローゼットを見直して「新鮮さがない!」と思った時、ぜひチェックしていただきたい作品のご紹介です。

毎シーズンご好評を頂くEdiwna Horlのシャツ。今回ノーカラータイプをご紹介です。
襟付きやオープンカラーなどとは異なり、シャツ×シャツのコーディネートやストールなども巻きやすいといったポイントがあり、秋冬のスタイリングに活躍してくれます。

コットン/レーヨン混のテキスタイルも特徴があり、
グリーン/ネイビーの2色の糸を織り上げ深みのあるカラーは、パンツの色味に合わせてその表情を変化させていきます。

胸ポケットは2層になっておりサスペンダーを通すことも可能だったり、
カフス部分に別地のテープを施したフラップを加えるなど、
ブランドらしい細かな遊び心が感じられる作品です*

ノーカラーシャツが苦手というか、あまり着た事がないという方が意外と多いなぁと感じています。そういえば、世間的にもいつの間にか定番としてリリースされるようになったなと。
ポイントとしては2つ。

まず、襟付きのものよりも「程良く抜け感がある」こと。
仕事とのON/OFFを切り替えるためにと、提案させていただくこともあります。
適度な清潔感が欲しいけどキメすぎも少し照れる時、ありませんか?
ノーカラーでジャケットやロングシャツを上から羽織るとまとまりが出ます。

そして2つめが「第一ボタンを開けた時にだらしなくない」ということ。
襟羽の角度によっては第一ボタンを開いた時に、首元が広く開いてしまうものもあります。
ノーカラーであれば、そこまで開きすぎるのを気にしなくても良いのです。
小さな事ですが、意外と見ている人が多いところです。

カジュアルな二次会などであればテーラード+ノーカラーシャツでも十分対応できるので、そういう時にも使っていただける万能な作品。

秋は色物に目がうつりやすい季節でもあります。
クローゼットにそういったアイテムがない場合、ネイビーやグリーンなどの色味を取り入れていくと抵抗なくスタイリングに幅を持たせる事ができるのでオススメです。
今回ご紹介したシャツはカラーリングから見ても、襟の形をとってもワードローブのアクセントになる作品ですよ*


●Acacia NONOICHI
〒921-8813 石川県野々市市住吉町11-19
TEL:076-287-5167
HP:http://www.acacia-style.com/
メール: info@acacia-style.com
営業時間:午前12時~午後9時
定休日:水曜

●Acacia TOYAMA
〒930-0044 富山市中央通り1丁目6番28号
TEL:076-421-5167
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:水曜

=========================================

●Acacia instaglam+twitter “Acacia_clothing”
新着商品など素早い情報をキャッチ
[instaglam]https://www.instagram.com/acacia_clothing/
[Twitter]https://twitter.com/acacia_clothing?lang=ja

=========================================

HED MAYNER 2019 SS COLLECTION

エイプリルフールに次の元号が発表されましたが、「実は嘘です!テッテレー」となる訳でも無く、なんともくだらないニュースが溢れている中の朗報です。当店でもお取り扱いをさせて頂いております-HED MAYN...

山中 翔 ブログ

【MARNI】デザインの本質

「本当に好きなものは、どれだけ年を取っても好きだよね。」
これは当たり前のように感じるかもしれませんが、それが非常に難しい「思想」にすら感じる、そんな時代になっているなぁと感じています。
〇〇が好き、...

野原 栄二朗 ブログ

【Dulcamara × Acacia】LIMITED SERIES

ちょうど半年前、Dulcamaraのデザイナー與田さんに「来年で10周年なので別注商品作りましょう!」とお伝えし、形になった商品が本日よりお店に並びました。オープン当初からのお付き合いで、別注をお願い...

山中 翔 ブログ

【SISE】潜在意識の先に

人間の行動のほとんどは、「無意識」で行われている-
そんな信じがたい研究データが出ています。…本当に?と勘ぐってしまいたくもなりますが、実際のところ思い当たる節もいくつかあります。
例えば、ベロベロに...

野原 栄二朗 ブログ