【ohta】フックの効いたテーラリング

【ohta】フックの効いたテーラリング

By 飴谷 徳人

今月に入り2度目の台風。
今夜から北陸地方も暴風域に入りますが、遠方から足を運んで頂いた方々はくれぐれも気をつけてお帰り下さい。
本日もありがとうございました。

さて、先日ブログにてご紹介したIroquoisのセットアップは、
比較的ミニマルなシルエットでフォーマルな場にも対応できるアイテムでした。
今回ご紹介するのは、普段使いとしてお楽しみいただけるohtaの作品です*

テーラリングと真逆のスポーティーな要素をミックスしたノーカラージャケット。
アームに配した2本のラインがあることで、ウールギャバジンの高級感にアクセントを加えています。
アシメトリーなスリットポケットや前立てのホックで留める仕様など、
ohtaらしい少し変化のあるディテールもファンには嬉しいポイント。
強度を加えた襟元と長すぎないミドル丈程の着丈で、ポケットに手を入れた時の前立てのラインが非常に美しいのが個人的にこの作品のハイライトです。
レギュラーカラーやスタンドカラーのシャツに合わせた品のあるスタリングや、
タートルネックやパーカーでかジャルダウンさせるのもオススメです。

レイヤードというよりかは、腰回りにスカートを重ねたようなシルエットが特徴的なパンツ。
インナーのリブパンツには、ウール/ナイロンをベースにした伸縮性のあるジャージ素材を使用し、中太のシルエットということもありストレスを感じにくい履き心地。
レイヤーはジャケットと同素材である、ウールギャバジンのきめ細やかな光沢感のある軽やかな生地になっています。

このブログにて、春夏にシャツを腰巻きするスタイリングをいくつかご紹介しておりましたが、そのノリに近いです。
そうやって考えてみると、そこまで気負いすることもなく履いていただけるのではないでしょうか?
トップスがシンプルなアイテムでもスタイリングのバランス感をボリュームアップさせてくれるので、今時期にも重宝する1本です。
ohtaのブランドルックなどでは、シンプルにネイビーのカットソーをさらっと合わせていましたよ*

-着用モデル 178cm/62kg
JACKET:brown jacket(ohta-オオタ)
※SIZE M1着用
SHIRTS:NO COLLAR SHIRTS(Edwina Horl-エドウィナ ホール)
※SIZE M着用
PANTS:brown skirt pants(ohta-オオタ)
※SIZE M2着用

ohtaらしい遊び心の詰まったセットアップは、「一癖ある」アイテムに見えるかもしれません。
しかし、シンプルなスタイリングが好きという方のクローゼットにあると普段のコーディネートがきっとより楽しくなるはずです。
その他にもEdwina HorlIroquoisからリリースされているセットアップなども、合わせてチェックしてみてくださいね***


●Acacia NONOICHI
〒921-8813 石川県野々市市住吉町11-19
TEL:076-287-5167
HP:http://www.acacia-style.com/
メール: info@acacia-style.com
営業時間:午前12時~午後9時
定休日:水曜

●Acacia TOYAMA
〒930-0044 富山市中央通り1丁目6番28号
TEL:076-421-5167
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:水曜

=========================================

●Acacia instaglam+twitter “Acacia_clothing”
新着商品など素早い情報をキャッチ
[instaglam]https://www.instagram.com/acacia_clothing/
[Twitter]https://twitter.com/acacia_clothing?lang=ja

=========================================

ゴールデンウィーク期間中の営業に関して

ゴールデンウィークの長期連休。待ち望んでた方々も多かったのでは無いでしょうか。当店もゴールデンウィーク期間中は、働き方改革の点や、プライベートの時間も大切にしていきたいので時短営業を取り入れさせて頂き...

Acacia ONLINESTORE ブログ

HED MAYNER 2019 SS COLLECTION

エイプリルフールに次の元号が発表されましたが、「実は嘘です!テッテレー」となる訳でも無く、なんともくだらないニュースが溢れている中の朗報です。当店でもお取り扱いをさせて頂いております-HED MAYN...

山中 翔 ブログ

【MARNI】デザインの本質

「本当に好きなものは、どれだけ年を取っても好きだよね。」
これは当たり前のように感じるかもしれませんが、それが非常に難しい「思想」にすら感じる、そんな時代になっているなぁと感じています。
〇〇が好き、...

野原 栄二朗 ブログ