【tac:tac】ハイブリッドアイテム

【tac:tac】ハイブリッドアイテム

By 飴谷 徳人

3連休中は少し変な気温となっていましたね…
日中店頭でも入荷作業等をしてると、じわーっと汗が出てきました。
台風の影響もあったので致し方ないですが、こういうのがたまにあると今時期の体感調整の難しさを改めて感じます。

そこで今回は今シーズンからお取り扱いをスタートし、じわじわと人気の高まってきているtac:tacから、こちらの作品をご紹介*

"レザー"と日本伝統衣装"羽織り"を掛け合わせたアイテム。
一見すると混ざり合うことのない異種感を、見事にマッチさせた作品です。
シープスキンに近い質感のフェイクレザーを使用。
非常に軽量で、着用時もストレスを感じずさらっと羽織ることができます。


フェイクレザーは通気性が悪いため、少し空気がこもりがち。
そこで、後ろ身頃の肩あたりに羽織りのパターンを用いて、通気性を確保しており、
蒸れたりすることがないよう、細やかな部分まで配慮されています。
衿は首に沿う形状ですっきりとした印象で、
タートルネックなどとも好相性なディテールになっています。

羽織りの妖艶さとレザーの無骨な印象をブレンドし、新たなアイテムとして昇華しています。

レザーアイテムというと少し手が伸びにくい、何より金額が...という印象をお持ちの方もいらっしゃると思います。
「他のアイテムは何を合わせたらいいの?」というご相談もいただきますが、
今作はジャケットというアイテム名ながら、カーディガンのようなタッチも感じられます。(金額も魅力的です)
少しゆるっとしたスタイリングに取り入れていただくと、自然にフィットしてくれます。
素材感の異なるアイテム同士で組み合わせると、より一層コーディネートの奥行きがプラスされる作品となっています。

-着用モデル 178cm/62kg 
CAP:KNIT CAP(Edwina Horl-エドウィナ ホール)
※SIZE FREE着用
JACKET:HAORI LEATHER JK(tac:tac-タクタク)
※SIZE M着用
SHIRTS:E/SUEDE LONG SHIRT(Iroquois-イロコイ)
※SIZE 2着用
PANTS:CORD PANTS(Edwina Horl-エドウィナ ホール)
※SIZE S着用
SHOES:Room Shoes(AUTTAA-アウッタ)
※SIZE 42着用


動物愛護の観点から、近年メゾンブランドの中ではリアルファーなどの使用を辞める動きなども見られています。
イギリスのStella McCartney (ステラ マッカートニー)は、ファーやレザーをしないことで有名ですよね。
そういった動きがファッション業界でも少しずつ進んでいることを考えると、
今回ご紹介したtac:tacの作品の捉え方も変わって来るはずですよ*


●Acacia NONOICHI
〒921-8813 石川県野々市市住吉町11-19
TEL:076-287-5167
HP:http://www.acacia-style.com/
メール: info@acacia-style.com
営業時間:午前12時~午後9時
定休日:水曜

●Acacia TOYAMA
〒930-0044 富山市中央通り1丁目6番28号
TEL:076-421-5167
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:水曜

=========================================

●Acacia instaglam+twitter “Acacia_clothing”
新着商品など素早い情報をキャッチ
[instaglam]https://www.instagram.com/acacia_clothing/
[Twitter]https://twitter.com/acacia_clothing?lang=ja

=========================================

ゴールデンウィーク期間中の営業に関して

ゴールデンウィークの長期連休。待ち望んでた方々も多かったのでは無いでしょうか。当店もゴールデンウィーク期間中は、働き方改革の点や、プライベートの時間も大切にしていきたいので時短営業を取り入れさせて頂き...

Acacia ONLINESTORE ブログ

HED MAYNER 2019 SS COLLECTION

エイプリルフールに次の元号が発表されましたが、「実は嘘です!テッテレー」となる訳でも無く、なんともくだらないニュースが溢れている中の朗報です。当店でもお取り扱いをさせて頂いております-HED MAYN...

山中 翔 ブログ

【MARNI】デザインの本質

「本当に好きなものは、どれだけ年を取っても好きだよね。」
これは当たり前のように感じるかもしれませんが、それが非常に難しい「思想」にすら感じる、そんな時代になっているなぁと感じています。
〇〇が好き、...

野原 栄二朗 ブログ