【LEMAIRE】2021 SPRING/SUMMER  SEASON DIGEST

【LEMAIRE】2021 SPRING/SUMMER SEASON DIGEST

By Acacia ONLINESTORE

クリストフ ルメール・サラ=リン トラン率いるパリのブランド「LEMAIRE」の真価が発揮されたとも言える21SS。
COVID-19によって姿を変えた世界に対して、彼らが出した答えとは-?


21SSコレクションは、ファッション業界においても非常に大きな意味を持つシーズンである。

アトリエに行けない、工場が動かない、生地や部材が選べない、物流が動かない、思い描いていたフィジカルショーが開催できない…
これまでの慣習が全て見直されるだけでなく、パリでは外出さえできないロックダウンも起こった。
幸い日本ではそこまでには至らなかったものの、これまでの常識が通用しなくなった1年であったことに変わりはない。

それでも各ブランドは存続のために動かなければならないし、立ち止まっている時間などは一切見当たらない。
ブランドの進むべき方向を示し、舵を取り、道なき道を切り開いて突き進んでいかなければならないのだ。

コンセプト/フィロソフィーに矛盾が生じている=答え「らしい」ことを「それらしく」掲げるブランドが多数いる中で、
ここまで潔く明快かつ簡潔にコレクションを提案したブランドはいないのではないだろうか?
LEMAIREの強さは30年以上にわたるキャリアにおいて裏打ちされているのは周知の事実だが、こうした困難の中でこそ実力が試される。


それが如実に現れているのがコレクション。
各ブランドがフィジカル/デジタル/フィジタル、どうやって展開していくか、どうやってコマーシャルしていくかを模索している中、
LEMAIREはがらんとした空間の中でモデルたちをウォーキングさせるというシンプルな方法を採った。

会場のスケール感やロケーションを誇張するわけでもなく、コレクションテーマを想起させるショートムービー風に仕立てるわけでもない。
(BGMも適切で自然と衣服に集中できるのにも好感が持てる)

これまで通り、人と衣服の関係性をシンプルかつリアルに提案した。
例えそれがパリ公式スケジュールの大トリという大役であっても、決して変わることはなかった。

パリの街を闊歩することさえ夢のようだっだ、けれどそれが着想源の一つとなり、結果的にたっぷりとしたプロポーションを生み出す。
軽妙かつリズミカルなルックが次々と端的に提案され、一つひとつのテキスタイルに対して最適なカッティングがなされた衣服が私たちの視界を横切っていく。

どれもがニュートラルな色合い・ソフトな色彩。
LEMAIREのチームが好むこれらのカラーパレットは、着るひとを乗っ取るわけでもなく、不特定多数に見せびらかすわけでもなく、ただひたすらにワードローブのつなぎ合わせる役割を果たす。

それぞれが色同士の中間に立ち、ひっそりと佇むように、着る人をまっさらなキャンバスさながらに彩っていく。


そんな色を引き立てているのは間違いなく足元のレザーストラップサンダルとヒールブーツ。今シーズンのキーアイテムである。
ファーストルックからラストルックに至るまで随所で提案されている。

シンプルなワークシャツからリラクシングなジャケットスタイル、ワンピース/パンツルック…
たっぷりとした裾がかかり、顔を覗かせる程度ではあるものの、
さりげなくではあるがアーシーなカラーを引き締め、際立てているのはレザーストラップサンダルとヒールブーツである。

特にこのレザーサンダルは、眺めていると、不思議と実際に誰かが履いているように見えてくる。
計算された造形美はまるでトロンプルイユ(騙し絵)のように作用し、「履いてみたい」と私たちの欲望を掻き立てる。

マルタンマルジェラのタビブーツや厚底のサンダルなどとは一線を画し、あくまでも機能的なエレガンスを追求するLEMAIREらしい上品な提案。

タビブーツはコピー品が溢れ、厚底のサンダルにはたくさんの装飾が施されるようになった。
クリストフルメールのデザインは「理にかなっているか?」と自問自答するため、自身の哲学に反するものはリリースが保留されるという。

着る人がそのブランドに染まるのではなく、着る人が心地良くいられるためのデザインを心がける、彼ららしいプロセスではないだろうか?

"〇〇さんが着ている△△というブランド"
"△△というブランドを着ている〇〇さん"

このニュアンスの違いに気付けるかどうかで、LEMAIREに対する価値は大きく変わってくると私は感じている。


例えばこのブルゾン、デザインのルーツにはミリタリー/ワークウェアのDNAが根付いている。
ミリタリーやワークウェアにコアなファンが定着していること、1つのスタイルとして廃れないことは、私たち人類の歩みが詰まっているから。

天候などの外的要因から身を護る、
生活の中で快適に過ごせるよう動きやすくする、
目的に応じて最適な機能を持たせるなど、いつの時代にも「心地良さ」を求めてきた。
その中で確立されたのがミリタリー/ワークウェアであり、明確な意図がある衣服。

フロントジップはCHANELやYSLなどでも使用される最高級の部材で、「世界一美しい」とされるLAMPOジップを採用。
ボタンは象牙椰子から作られたものを使用するなど、部材にも並々ならぬこだわりを詰め込み、作品の格を決定づけている。

クリストフ ルメールが実際に着用していそうな知的なムードが漂うカーディガン。
アクセントになっているフェイクレイヤーデザインがメインかと思えば、今作はテキスタイルがメイン。
メリノウールに「ドラロン」という繊維が混紡されている。

このドラロン、実はアクリルの一種でドイツのDralon社が開発したもの。
乾式アクリル繊維で耐久性/吸水性/速乾性に優れた素材で、メリノウール自体も調湿性や防臭性/抗菌性など天然素材特有の機能を持っているため、カーディガンとしては最高の汎用性を兼ね備えていることに気付かされる。

気温の端境期に嬉しいアイテムを、より長く、どんな場面でも使える機能的な1着に仕上げているのは流石の一言である。

- 衣服は抗鬱剤でも、注目されるための手段でもない。
ワードローブに加わる新しい服は、余計なものをそぎ落としたデザインの中にも、見る人を惹きつける何かを感じさせなければならない -


彼の言葉からは一貫した哲学を感じざるを得ない。


彼らは"変化"ではなく"進化"を選んだ。

これまで自分たちが正しいと信じて疑うことのなかったコアをより深い部分で構築し、一方で新しさを加え、一歩一歩進んでいく。

これまでと同じように速度を早めるのではなく、ストライドを見極め、正しい呼吸をしながら、しっかりと前を向いて進んでいく。

シーズンごとに煌びやかなピースがあるわけではないが、どのシーズンのものでも合わせやすいことの裏返しである。

無駄なものを買わず 賢く買う。
1シーズンで着なくなるもの、転売する衣服に愛着などは湧くはずもない。

いち早くそうした浪費からの脱却ができる人から、本当の豊かさを得ることができる。

-自信となり 悦びとなる衣服を-

そのためにLEMAIREは日々高いレベルでのクリエーションを行っている。
21SSのデリバリーが終了した今、あたらめて一つ一つの作品に向き合っていただきたい。


最新入荷情報や会員限定コンテンツなどはもちろん、各アイテムやファッションの知見が深まるストーリーなどが満載。
当店のメールマガジンもぜひご購読ください*


Acacia NONOICHI
〒921-8813 石川県野々市市住吉町11-19
TEL:076-287-5167
HP:https://www.acacia-style.com/
メール: info@acacia-style.com
営業時間:12:00~20:00
定休日:水曜

=========================================

●Acacia instaglam+twitter “Acacia_clothing”
新着商品など素早い情報をキャッチ
[instaglam]https://www.instagram.com/acacia_clothing/
[Twitter]https://twitter.com/acacia_clothing?lang=ja

=========================================


【SEEALL】BIOGRAPHY / 21SS COLLECTION

お取り扱いが4シーズン目を迎えているドメスティックブランド「SEE ALL」。今回はその魅力についてお話していきます*初めて耳にした、という方がほとんどだと思いますが、一言でこのブランドを表すならば「...

Acacia ONLINESTORE ブログ

【FEATURED】NEW BEGINNING - BEST SELECTION*

新生活、と一言でいっても色々な場面が想定できます。就職/進学・転職/異動。会社、学校、バイト先、新しく通い始める習い事。自分自身がその立場になることもありますし、迎え入れる側になることもあるでしょう。...

Acacia ONLINESTORE ブログ

【FEATURED】Valentine's Day - GIFT COLLECTION*

今回のブログはバレンタインギフトがテーマ。以前世界トップクラスのショコラティエであるジャンポールエヴァン氏のドキュメントを見てからというもの、職人の想いがこもったスイーツには目がありません。パッケージ...

Acacia ONLINESTORE ブログ